• 1-26 Jacaranda
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
VINTAGE

商品コード:201610271261895

MARTIN

1-26 Jacaranda 1895

十九世紀マーチン"1-26"。百年以上も昔のギターが綺麗な顔で目の前に在ると考えると、とても感慨深い気持ちになります。【動画掲載】


この商品は現在品切れ中です。

※納期は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

十九世紀マーチン"1-26"。スタイル26は今や一番浸透している28よりも少しだけシンプルなデザインを持ち、少しだけリーズナブルな価格設定だった機種です。名前の通り、1850年代ではスタイル28が28ドル、スタイル26は26ドルからスタートしました。スプルーストップ、ハカランダサイド&バック、シダーネック、エボニー指板&ピラミッドブリッジ、象牙製オリジナルフリクションペグ、ハカランダ化粧板、ロープパターン(ハーフヘリンボーン)トリム、象牙バインディング、ジグザグバックストリップ、スキャロップエックスブレイシング、指板の飾りはブランクです。シリアル管理され始める1898年以前のマーチンギターに触れられる機会は稀です。中でもこの26スタイルのギターは見かけません。26の最初のバージョンは28同様、このサイズ1と言われています。当時、シングル0はコンサートサイズ、サイズ1はスタンダードサイズとされていました。細かく入れられた飾りや、本象牙のバインディングやペグなど、この頃の物でしか味わえないレトロ感満杯の一台。流石に美しい木材が使われており、とりわけ側板のブラジリアンローズは最近ではまず見られない繊細な柾目です。ヘッド裏の壁かけピンは既定の仕様となります。鋭い立ち上がりで、カラカラに渇いたサウンドです。サイズを無視した音量も魅力で、コンパウンド弦でも十二分なパワフルさがありますが、音色の本質はデリケートなので、半音や一音下げてリバーブ感を楽しんでみるのも大変結構だと思います。当店入荷後にフレット交換を含めるネックまわりの調整を入れています。プレイコンディションは幾分今風で、押し弦にストレスは覚えません。サドル残も適切な高さがあります。表面の程度も良く、経年を踏まえると驚くべき状態です。今の鉄弦フラットトップのルーツともいえる時代の一本です。百年以上も昔のギターが綺麗な顔で目の前に在ると考えると、とても感慨深い気持ちになります。そして常の身のまわりに置いて、何かあるたびに小脇に抱えたくなる、そんなギターです。






Condition:EX+++

Top:Solid Spruce

Side:Solid Jacaranda

Back:Solid Jacaranda

Neck:Cedar

Fingerboard:Ebony

Bridge:Ebony

Machine Head:Original Ivory Friction

Fingerboard Inlay:none

Rosette:White&Black

Binding:Ivory/Rope Pattern

Pick Guard:none

Pick up:none

Nut width:47.6mm

Scale:632.5mm

Case:Hard Case














【詳細はコチラから】
<<お問合せ先>>
三木楽器梅田店


TEL:06-6361-2211

umeda@miki.co.jp

〒530-0017
大阪市北区角田町1-15


送料180ランク

在庫状況 (梅田店)

数量
+
-
カートに登録中です
1-26 Jacaranda

MARTIN

1-26 Jacaranda 1895



SHOP

この商品の取り扱い店舗:梅田店

所在地
〒530-0017 大阪市北区角田町1-15
Google MAPはこちら
営業時間
12:00~20:00
店舗休業日
毎週水曜日
TEL
06-6361-2211
FAX
06-6361-5721