1. ホーム
  2. 特集・セール・イベント
  3. Zildjian Cymbal Selection Guide

Zildjian Cymbal Selection Guide

Zildjian Cymbal Selection Guide

Zildjianシンバル選びにご活用ください!

ZildjianCymbal Selection Guideジルジャン シンバル セレクション ガイド

Zil シンバル dj メーカー ian 〜の子供

1623年、イスタンブールに居を構えるアルメニア人の錬金術師「アベディス1世」は、合金処理法において独自の製法を発明し、その製法を活かすことにより力強い音を生み出す、まさに芸術的なシンバルの製法に成功しました。
オスマン・トルコ皇帝に従事した名高い「Janissary Band」がジルジャンシンバルを採用し、日常的な祈りから宗教上の祝祭、皇室の結婚式、そしてオスマン軍隊の招集まで幅広く使用しました。
皇帝ムスタファはアヴェディスに対して感謝の意を表し、彼にシンバル職人として「Zildjian」の名を授けました。

1700年代にはヨーロッパのオーケストラシーンでも使用されるようになり、1800年代には「アベディス2世」とKジルジャンの生みの親である「ケロップ」により世界各地へと広められました。
1900年代に「アベディス3世」、「アーマンド」がジルジャンを引き継いだころから開発にアーティストの意見を取り入れ、バディ・リッチやジーン・クルーパ、リンゴ・スターがジルジャンシンバルを使用したことで、世界中のミュージシャンから注目されるようになります。
A&R(アーティストリレーション)はこの頃のジルジャンの動きが始まりだと言われています。


そして、現在に至るまでさまざまな音楽、人々を世界中で支え続けてきました。
伝統、信頼、進化を重ねてきたジルジャンは常に次の次元を見据え、プレイヤーの鼓動が人々の魂に響くように今この瞬間も挑戦し続けています。

合金比率

A zildjian Acustom fx KKEROPE K zildjian K custom K Constantinople

溶かした合金を一枚一枚型に入れ、作業が進められる。グレイン構造と呼ばれる密度の高い網目状の金属組織が、豊かな音色と優れた耐久性を生み出し、その響きは年月と共に熟成する。
銅80%+錫20%+銀微量

ZHT,ZBT

原料のブロンズ合金は統一された厚みのシートに圧延加工され、ディスク状に型抜きされる。シェイピング、ハンマリングの工程を経ることにより、音色が決定される。メタリックでタイトな響きと素早い減衰、シリーズ間で一貫したサウンドを持つ。
ZHT 銅88%+錫12%
ZBT 堂92%+錫8%

cymbal anatomy
WEIGHT

THIN

  • レスポンスが速め
  • サスティンが少なめ
  • ローピッチ

HEAVY

  • パワフル
  • サスティンが豊か
  • ハイピッチ
SIZE

SMALL

  • フォーカスが鮮明
  • レスポンスが速め
  • ハイピッチ
  • 減衰が短め

LARGE

  • 音量が豊
  • レスポンスがスロー
  • ローピッチ
  • サスティンが長め
TAPER

FLAT

  • 倍音が低め
  • 減衰が速め

SHARP

  • 中高音が強め
  • 音色が明るめ
HAMMERING

RANDOM

  • 音量が豊か
  • 倍音が多彩
  • 音色がダーク

SYMMETRY

  • 響きが鮮明
  • 倍音が均一
  • 音色が明るめ

Zildjian Information

  • 2015/3/23
    「ジルジャン シンバル セレクション ガイド」ページを公開しました。
  • A Zildjianジルジャンの最もポピュラーでスタンダードなモデルです。伝統的なAサウンドを表現するためウェイト、プロファイルを調整し、なおかつ芯のあるサウンドでクラシカルから最新の音楽まで隙間なく対応します。

    ハンマリング伝統的なシンメトリック(均一)・ハンマリング・パターンレイジングトラディショナル・ワイド・グルーブ・レイジングでエッジの効いたアタックを表現
    サウンド明るく澄んだキャラクターが特徴です。ボリュームレンジも広く、ドラマーのニーズに合わせて音楽的で多彩な表現ができるジルジャン伝統のシンバルサウンドです。A ZildjianのRockモデルは力強いサウンドと高い耐久度でスタジオやライブハウス、学校や楽団等の機材として圧倒的なシェアを誇っています。
    おすすめジャンルジャズ、ブルース、R&B、ラテン、ファンク、フュージョン、ポップス、ロック、コア、パンク、メタル
  • A Custom1990年、アーティストとのコラボレーションにより新たなハンマリング・テクノロジーを開発し、A Zildjianがさらにスムーズでスウィート、かつ知的な音色へと進化しました。レコーディングからライブまで多様なシーンに対応するモダンサウンドが定評です。

    ハンマリングシンバルハンマリングの最新技術のひとつ、シンウェイト用ロータリー・ハンマリング・パターン レイジング均等できめ細かいレイジング加工で、シンバルに必要充分な強度と明るさを表現
    サウンド全てブリリアント加工で仕上げられ、A Zildjianに比べ甘く反応の良い上品なサウンドを表現します。A Zildjianのストレートで明瞭な音質はそのままに、明る過ぎずダーク過ぎないモダンサウンドが特徴です。ポップスやロック等、唄モノに繊細な色付けをするシンバルとして最適です。
    おすすめジャンルラテン、ファンク、フュージョン、ポップス、ロック、コア、パンク、メタル
  • A Zildjian Heavy Series1985年から2012年までZ、Z Custom、Z3の3世代で世界中のロックドラマーを魅了してきたヘビーシリーズ。2013年、Zの愛称で親しまれたヘビーモデルがA Zildjian Familyの仲間としてリニューアルされました。パワー、音楽性、演奏製を追求し、A Zildjian Heavy Seriesとして進化しています。

    ハンマリングZ Customから継承したコンピューター制御のシンメトリック・ハンマリング・パターンを採用 レイジングプロジェクション性能と圧倒的なパワーを追求した、深く粗めのパターンを採用
    サウンド圧倒的なパワーのあるサウンドを特徴としながらも、先代のZシリーズに比べ表現力が向上しており、音の立ち上がりが素早くなっています。激しい演奏のドラマーや、高い耐久度を求める方に最適です。
    おすすめジャンルポップス、ロック、コア、パンク、メタル
  • K Zildjian19世紀のトルコ・イスタンブールでの発祥以来、世界中のドラマーの創造性をかき立て続けている人気シリーズです。入念なハンマリングとレイジング加工により高域と低域の響きを絶妙にブレンドし、優しくも、激しくも、アーティストの思いのままに表現可能なA Zildjianと並ぶ代表的なシリーズです。

    ハンマリング入念に施されるK Zildjian特有のランダム・ハンマリングで倍音を調整 レイジングきめ細かなレイジング加工でK Zildjian特有のローピッチを表現
    サウンドダークでドライなサウンドは、長きにわたり主にジャズミュージシャンに愛されてきました。K Zildjianはダークなサウンドながら高域と低域の倍音が見事にブレンドされ、雑味の無いサウンドに仕上がっています。
    おすすめジャンルジャズ、ブルース、R&B、ラテン、ファンク、フュージョン、ポップス、ロック
  • K CustomK Zildjianをより個性的にアレンジしたシリーズで、多様化するサウンドニーズに応えオーバー・ハンマリングや多彩なレイジングを施し個性的な表現力を持つモデルをラインアップしています。神保彰氏プロデュースのハイブリッドシリーズもフルラインアップが完成し、そのバリエーションが更に豊かになりました。

    ハンマリングベースとなるK Zildjian同様のランダム・ハンマリングとレイジング加工後に更に施されるオーバー・ハンマリングのコンビネーションにより倍音を調整 レイジング均等に施されたきめ細かで幅の狭いレイジングがシンバルに強度を与え、ダークでドライなサウンドを表現
    サウンドK Zildjianをよりダークでドライな響きに設定しています。クラッシュはレスポンスの良さと音ヌケを重視し、ライドシンバルは多様なニーズに応えるべく、ジルジャンの中でも最多のモデルをラインアップしています。
    おすすめジャンルジャズ、ブルース、R&B、ラテン、ファンク、フュージョン、ポップス
  • K Constantinople伝統的なK Zildjianのサウンドを現代の技術で再現させたモデルです。ワイド・グルーブ・レイジングやエキストラ・ハンマリングが生む沈み込むような深い響きはジルジャンシンバルの芸術性の高さを証明しています。

    ハンマリングK ConstantinopleはK Zildjian特有のランダム・ハンマリングを更に深く大きめに施し、ビンテージシンバルのような響きを表現
    レイジングA Zildjian同様のトラディショナル・ワイド・グルーブ・レイジングとハイハット、クラッシュシンバルには幅の広いピンレイジングを採用し複雑な音色変化を表現
    サウンドドライ&ダークなサウンドにビンテージサウンド特有の深みるふくよかなサウンドが特徴です。ビンテージシンバルにありがちなアタックが弱い、音量が小さい等の問題をカバーし、大音量や大編成のセッションでも埋もれることのないキャラクターです。
    おすすめジャンルジャズ、ブルース、R&B、ラテン、ファンク、ポップス
  • K KEROPEシリーズのシリーズ名の由来は、1800年代に活躍、のちのZildjian社発展に多大な貢献をしたKジルジャンのイニシャルにもなっているKerope Zildjian氏への尊敬の思いが込められています。ZildjianシンバルハイエンドモデルであるK Familyの新たなシリーズとなるKeropeシリーズは独自の生産手法でされており、一部にハンドハンマリング処理を施すなど実に14工程にも及ぶ製造工程を得て生産されております。K Keropeシリーズはドラマーの可能性を無限大に広げるクオリティをもったシリーズです。

    ハンマリングロータリー・マシン・ハンマリングに加えZildjian製品で唯一、一部ハンドハンマリングを採用 レイジングローピッチを表現する均等できめ細かなレイジングとワイド・グルーブ・レイジングを採用
    サウンドシンバルにはエイジング加工(わざと酸化させる加工)が施されており、Old Zildjian特有のビンテージサウンドを忠実に再現しています。やわらかでダーク、非常に豊かな倍音を表現し、現行品ながらビンテージシンバルの魅力を持ったシリーズです。
    おすすめジャンルジャズ、ブルース、R&B、ラテン、ファンク、ポップス
  • 主に様々なエフェクトサウンドを表現するモデルがラインアップしているFXシリーズ。「Oriental」はエキゾチックな東洋の香りを醸し出し、古典的なサウンドを表現し、「Azuka」はラテンやアフロキューバン等のパーカッシブな演奏にフィット、「Zil-Bell」はジルジャンブロンズを分厚く仕上げ、ベルサウンドのみに特化させ、「Trashformar」はシンバル形状にうねりを持たせ、ユニークでトラッシーなエフェクトシンバルとしてラインアップしています。

    ハンマリングA ZildjianとK Zildjianのハンマリング・パターンを混合 レイジング各モデルのキャラクターに合わせ様々なパターンを採用
    サウンドドラミングにユニークなスパイスを加えるエフェクトサウンドを表現します。
    おすすめジャンルジャズ、ブルース、R&B、ラテン、ファンク、フュージョン、ポップス、ロック、コア、パンク、メタル
  • ZHT(Zildjian High Tin)は新たに設定された合金比率で作られたシートシンバルです。従来のキャスト合金とシート合金比率の中間に位置し、シートシンバル特有のメタリックなアタック感と、今までのシートシリーズには無かったウォームな響きを兼ね備えたシリーズです。

    ハンマリングキャストシリーズとシートシリーズのハンマリングパターンを掛け合わせたコンビネーションパターンチャイナシンバルにはランダムパターンを、その他のモデルにはシンメトリックパターンを採用
    レイジングトップ、ボトム共にワイドパターンでフルレイジングを採用
    サウンド高域と低域のバランスが良く、シートシンバルのメタリックな響きに温もりがプラスされたサウンドが特徴です。
    おすすめジャンルジャズ、ブルース、R&B、ラテン、ファンク、フュージョン、ポップス、ロック、コア、パンク、メタル
  • ZBTシリーズは2013年にリニューアルされ、シンバル裏面にレイジング加工を施し、フィニッシュをトラディショナルフィニッシュへと変更されています。従来のさわやかでクリーンなサウンドキャラクターにタイトサウンドを加えたシリーズです。

    ハンマリングシート合金にスモール・ラウンドハンマリング・パターンを採用レイジングトップ、ボトム共にフルレイジングを採用
    サウンド早めのレスポンスに十分なボリュームも兼ね備えた、明るく大胆なサウンドが特徴です。 おすすめジャンルポップス、ロック、コア、パンク、メタル

お取扱い店・お問い合わせ先

  • MIKI DRUM CENTER 三木ドラムセンター

  • MIKIGAKKI SHINSAIBASHI三木楽器 心斎橋店

    TEL:06-6251-4592 E-mail:rockn-roll@miki.co.jp
    営業時間:AM11:00〜PM8:00 定休日:毎月第3火曜日
    アクセスマップ


ページトップへ